4

 

 水月華    桔子ノ抄    刀剣乱舞

 

 

 

 

※登録をしていない場合デフォルト名

(神代 沙紀)になります

※苗字は”神代”で固定です 都合上変更不可

 

※和名登録しないと、変換されません

 

 

刀剣乱舞 報告目録】 

こちらは「華ノ嘔戀 ~神漣奇譚~」の情報部屋です

ネタバレを多く含みますので、ご注意下さい

誤って入ってしまった方はUターンをお勧めします

 

 

 

 夢主設定】 

 

 

華ノ嘔戀 ~神漣奇譚

 

 

序ノ章 ”審神者” | 5年ぶりに再会した”りん”という銀髪の青年―――そして、政府よりの遣わされた小野瀬という男が来た時、運命の輪が回りだす

 

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17

 

 

壱ノ章 刻の狭間 | ”審神者”として”本丸”に降り立た沙紀達———しかし、そこで待っていたのは・・・・三日月色の瞳をした青年だった

 

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10

 

 

弐ノ章 出陣 | ”審神者”としての最初の指令が政府より下りる———場所は天正七年七月 ”丹波”の地

 

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25  

 

 

参ノ章 華号 ”竜胆” | ”審神者”として、初任務終了後報告もかねて”会合”に出席を要請されることとなり 政府の機関に向かうこととなった

 

 

 

 

 

肆ノ章  |