水月華    夢書処    撫子ノ抄

 

 

 名前変換処

 

 

 

 

 

 

◆ 鶴丸国永夢

 

日本最古の”神宮” ・石上神宮の巫覡の1人・神代一誠の一人娘

神代家は代々その身に神を降ろす”巫”としての役割を持ち、第185代”神凪”であるが、

現代に”神降”は存在しないと思われており、その存在は隠されている

また、”神降”をできる程の霊力を持つ娘が生まれる事は今では稀であり、

前に存在していた”巫”は室町時代で最後である

それ以降、神降はされていない

 

の身に、布都御魂剣・天羽々斬剣・天叢雲剣(合せて神代三剣)を宿す

 

こちらは、序章を主軸各キャラ短・中編で構成されるシリーズです

長編連載に表記を変更しましたwww

その方が見やすいとご意見いただいたので… 

基本は変わりません 表記方法が変わっただけですので、続きからで大丈夫です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CRYSTAL GATE  

 -The Goddess of Light-  

 

◆ シンドバッド夢

 

とある理由により、某所より出奔中(名目上)

オアシス都市・チーシャンにて 不思議なルフを感じ取り……

そして、辿り着いた先でアラジンとアリババに出逢う

 

本来の目的の為に、アラジンやアリババと何度か出逢う内に打ち解け一緒に

第七迷宮・アモン入る事となるが、事情があり手助けは一切出来ないと告げる

しかし、アリババやアラジンはそれでもいいと同行を希望した

 

実は、世界唯一の”ルシ”であり、”マギ”とは異なる特異な存在で、

シンドバッドのルフを 「真っ直ぐで澄んでいる」 と評し、彼を”契約者”として選んだ

世界の異変と深く関わりを持つと同時に、その中心であるアル・サーメンからは

「光の女神」 と呼ばれ、シンドバッドと同じく第一級特異点と言われている

 

※Another Sideにてシンドバッド・紅炎展開中

※章によっては、紅炎メインの箇所があります三角関係などが苦手な方はご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MARIKA 

-Blue rose and Eternal vow- 

 

 ◆ ポートガス・D・エース夢

 

幼き頃、ガープに救われ そのまま義娘として育てられた

エースや、ルフィともその時会っており、面識がある

自称:ルフィの義姉(注:正確には義叔母だが、それは禁句)

 

エースが彼女にくれた”約束”の為 そして音信不通のエースに会う為に

義父・ガープとの約束だった”海軍大佐”の称号を得た後に海軍を自主退役

そのまま、”偉大なる航路”に入ろうとした折、ルフィと3年ぶりに再会

バラティエで起きたもめ事を解決後、そのままサンジと一緒に麦わら一味に入る

 

世界で希少数しかいないと言われている精霊操士の1人

世界中に散らばっているとされている、精霊と契約の為の紋章(シジル)の記された

精霊文書(グリモワール)を集めている

中でも”大精霊義書(グラン・グリモワール)”と呼ばれる精霊文書は、最も希少で高価

そこに描かれている精霊は、最高位の精霊とされているが詳細は不明

 

ヒール(靴)とアクセサリーをこよなく愛し、常にこれで動く(戦う)のは彼女のポリシー

 

※Another Sideにてロー展開中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◆ 犬飼現八夢

 

5年前、突然広まった謎の疫病が、他の村々に飛び火するのを防ぐために焼き尽くされた

大塚村の生き残りの一人(他は信乃・荘介・浜路の3人のみ)

 

本来、5年前に死んだと思われていたが、寸分なき姿で信乃達の前に現れる

 

とある理由によりその身に”夜刀神”を宿しており、それ以降、”夜斗”という

美しい青年が常に側につき従う様になる

また、有事の際、彼を”鞘”に”紅桜”という二振りの緋刀を現出させる事ができる

 

3年前に死んだとされる現八の婚約者でり、小文吾の義姉・沼蘭に瓜二つの瞳を持つ

しかし、本人は沼蘭の事は何も知らない

その為、2人の初めて会った時 生き返ったと大変驚かれる

 

浜路曰はく、女の姿をしていた信乃に負けず劣らずの美少女(甲乙付け難い)

 

荘介と瓜二つの男・”蒼”は、彼女の事をよく知っており、”蒼”は彼女に

「いつか、俺がお前を必ず解放してやる」と言い残していく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
     ~夢幻残宵~  

 

 ◆ 鬼灯夢

 

菊理姫(くくりひめ)の生まれ変わりとして、現世に生を受けた

が・・・・・・とある事をきっかけに、うっかり生者のまま地獄の門をくぐってしまう

その際、地獄の水を無理や飲まされて、現世に帰る事が叶わなくなってしい、

部屋に閉じこもっていると・・・・・・謎の「鬼人」に殴り起されて、無理やり外に連れ出された

 

いつの間にか、鬼灯にこき使われる毎日

 

周りのの獄卒達や閻魔大王は、鬼灯と”いい関係”ではないかと噂しているが・・・・・・

実際は、「下僕」状態の実験体(モルモット)扱いされている

※それでは世間体が悪いので、一応「助手」という事になっている(だけ)

 

どうも、地獄に来てから「菊理姫」の力が強くなっているらしく・・・・・・

少々、持て余している

 

おそらく、地獄で唯一「鬼灯のモノ申せる人物」である

ちなみに、本人は自覚はないがかなりの毒舌である(笑顔で毒吐くレベル)