Reine weiße Blumen

  -Die weiße Rose singt Liebe-

 

 

 1章 前奏曲-volspiel- 4 

 

 

逃げてしまった………

あの人は何も悪くないのに……

 

そうだ

あやねを助けてくれた、銀髪の青年は何も悪くない

むしろ、彼は命の恩人だ

 

なのに、私は――――……

 

「歌」と、聞いた瞬間、反射的に身体が動いた

逃げなければ――――……と何かが囁いた

 

関わってはいけない

 

そんな気がして、咄嗟に逃げた

なんて、不義理な事をしてしまったのだろうか……

 

「お礼、何もしてないのに……」

 

だが、お礼したくとも彼がどこの誰か分からなかった

まさか、こんな事に白閖の力を使うわけにはいかない

 

はぁ…と、小さく溜息を洩らし、鞄の中を見る

 

「あ、れ……?」

 

ない

 

あやねは、慌てて自身の鞄の中身をベッドの上に全部出した

 

ない……っ

 

「嘘でしょ!?」

 

ない、ない ない ない!!

 

そこには、あるはずの物がなかった

鞄をもう一度見る

しかし、何も入ってない

ベッドの上に広げた鞄の中身ももう一度見る

しかし、やはり“それ”はなかった

 

「う、そ………」

 

とこかに落とした??

それとも、どこかに置き忘れてきた?

 

一番、可能性が高いのは……

 

 

「あの交差点……」

 

 

事故に合いかけた交差点

あそこしか、考えられなかった

 

窓の外を見る

まだ、日は暮れきってない

 

「…………っ」

 

 

あやねは、すぐさま鞄に必要最低限の物だけ入れると部屋を飛び出した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

****    ****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犯人は現場に戻るという

 

「だから、彼女もここに来るかもって? 安直じゃない?」

 

ワゴンの中で、溜息を付いたのは、現代の天使こと、九条 天だった

 

「だったら、なんで付いてきたんだよ!」

 

そう言ったのは、ワゴンのカーテンの隙間から数時間前に事故にあった交差点を見ている楽だった

仕事が終わっての帰り道、マネージャーの姉鷺カオルに頼み込んで、寄ってもらったのだ

 

「その子、来るといいねぇー」

 

龍之介がにこにこしながら言う

すると、運転席に座っていた姉鷺が

 

「言っておくけど、アンタ達はワゴンから出るんじゃないわよ? こんなことでゴシップでも書かれたら面倒なんだから!」

 

「わかってるって!!」

 

先程から、何度も言われているのだろう

若干、楽がイライラ声で返事をする

 

それでも、視線はカーテンの外を見たままだった

 

そんな、楽を見て姉鷺が溜息を洩らす

 

女に関しては淡白に近い楽がここまで気にする子というのに、姉鷺自身も少し興味はあった

それはそうだろう

曲がりにもこの「八乙女 楽」は有名な某雑誌の「抱かれたい男ランキング」で毎月1位を取っているのだ

それは、楽の魅力でもあり、紛れもない実力だった

誰しもが、楽を一目見れば熱い視線を送る――――

その、筈なのに…

楽の話だと、その子は彼が「八乙女 楽」だと、気づいてないという

 

正直、楽より姉鷺の方がショックだった

未だ、楽を知らない女がいたなんて…

姉鷺 カオル 最大の失態である

というわけで、今回どんな野暮ったい子かと思い、気になったのだ

 

だが、天と龍之介の話だと、楽はかなりその子のことを気にしている様だという

 

ますます、気になるわっ!!

 

楽…ひいては“TRIGGER”に悪影響を及ぼすような子なら、楽から離さなければ…

そう姉鷺が使命感に燃えている時だった

 

 

「あっ!!」

 

 

楽が叫んだ

 

 

「あいつだっ!!」

 

 

思わず、全員が身を乗り出して交差点の方を見る

そこには、帰宅中のサラリーマンやOLに混じって、一人の少女が走っていた

 

日本人離れした、フェミニン風のキャラメルブロンドの髪

雪のように白い肌

そして、深海のような瞳―――……

 

間違いなく、その場に似つかわしくない雰囲気をまとった美しい少女だった

思わず、楽以外の全員が息を呑む

 

 

その時、ふと 姉鷺が洩らした

 

 

「あら? あの子…どこかで――――……」

 

 

その言葉に、楽が反応する

 

「知ってんのか!!?」

 

知っているかと問われると自信はないのだが

 

「直接的には知らないわよ。 でも、どこかで――――……」

 

見たような気がした

だが、それがどこかと問われると、思い出せない

 

 

ワゴンのカーテンから交差点の方を見ると、その少女が人垣の合間から何かを探している素振りをしていた

楽が、我慢できないという風に、ワゴンの扉を開けようとする

 

「ちょっと!! アンタ達はワゴンから出ないって約束でしょ!!」

 

慌てて姉鷺が楽を止める

 

「でも、あいつは―――!!」

 

楽が反論しようとした時だった

 

 

 

「や、やめて下さい……っ!!」

 

 

 

ワゴンの外から彼女の声が聴こえてきた

 

慌ててカーテンの外を見ると…

彼女がチャラそうな男たち数人に囲まれていた

 

いても経ってもいられなくなったのか

楽がついに、ワゴンから飛び出した

 

「あ!! ちょっと、楽!!」

 

背後から姉鷺の慌てた声が聴こえてくるが、構っている余裕はなかった

彼女が危ない目にあっているのを、見過ごすことなんて楽には出来なかったからだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なぁ、これから俺らとどっか遊びにいかね?」

 

「は、離しっ……」

 

無理やり手首を掴まれて引っ張られる

あやねは、なんとか抵抗を試みるが、まったく腕が解ける気配はなかった

そうこうしている内に、あやねを囲むように男たちがにやにやしながら、逃げ場を無くしていく

 

ど、どうすれば―――……

 

今、こんな時間に一人で出てきたことを後悔した

だが、どうしてもじっとしていられなかった

 

隙間から周りを見るが、誰も助けようとはしてくれない

それはそうだろう

巻き込まれたくないのは皆同じだ

 

だからと言って、このまま連れて行かれるわけにはいかない

なんとかしなきゃ……

でも、どうすれは……?

 

 

その時だった

 

 

「そいつから、手を離せ!!!」

 

聞き覚えのある声が聴こえてきた

あやねが、はっとしてそちらを見ると――……

 

そこには、数時間前 事故に合いかけた自分を救ってくれた男性が立っていた

 

「あ……」

 

まさか、先程の男性が現れるとはつゆとも思わず…

思わず、あやねが逃げた手前気まずそうに視線をそらす

だが、その男性は構うことなく、あやねと男たちの間に割って入ってきた

 

「ど、とうして――……」

 

「……俺の後ろにいろ」

 

ぼそりと、あやねを自身の背でかばうように男たちの前に立つ

 

どう、して……?

 

あんな失礼な態度取ったのに…

どうしてこの人は二度も助けてくれるのか……

 

だが、男たちはその程度では引かなかった

胸元からナイフを取り出す

 

瞬間、周りから悲鳴が上がった

 

男はナイフをちらつかせながら、あやねたちの方に近づいてきた

 

「…………っ」

 

びくっと、あやねが反射的にかばってくれている男性の服を掴む

それに気づいた男性は、あやねを安心させるかの様に、その手をぎゅっと握った

 

「……大丈夫だ、俺がついてる」

 

そう、優しく語りかけたくれる

何故だろう…そう言われると、酷く安心できた

 

ナイフをちらつかせていた男が、男性を見て「ああ、あんた…」と声を洩らした

 

「知ってるぜ、なんとかってグループのアイドルだろ? いいのかよー、アイドル様がこんな所に出てきて。 騒ぎ起こしたらマズイんじゃねーの?」

 

そう言って、にやりと笑う

だが、男性は平然としたまま

 

「ご心配どうも」

 

だが、それを聞いたあやねは「えっ…」と、声を洩らし

 

「あ、あの……私は、だいじょう―――………」

 

大丈夫と言おうとした瞬間、握っていた手に力が込められた

まるで、何があっても離さない――――そう言われているようだった

 

なんで?

どうして?

 

そんな言葉ばかり浮かんてくる

 

どうしてこの人は、見ず知らずの自分の為にここまでしてくれるのか――――……

それとも、自分を白閖の人間と知って、利益の為に助けてくれるのか……

 

 

そんな思いが浮かんできて、頭の中がぐちゃぐちゃになる

 

が、それと同時に

“この人は大丈夫―――……”

 

 

そんな思いも浮かんできた

 

何故、そう思ったのかはわからない

わからないが……何故か、思わずにはいられなかった

 

 

それを見たナイフを持った男は面白くなさ気に、ナイフをくるくると回すと

 

「んだよ、俺達はそこのキレーなおねーさんとお茶しようって誘っただけだぜ? アイドル様は呼んでねーんだ……よっ!!」

 

そう言うが早いが、男がナイフで切りかかってきた

きゃ――――と、周りから悲鳴が上がる

 

「きゃっ……」

 

あやねが悲鳴に似た声を上げそうになる

だが、あやねを庇ってくれていた男性は、軽々とそのナイフを避ける

と、同時に右足をさっと出した

 

「おわっ……!!」

 

勢い良く切りかかった、その長い右足に引っかかって転ぶ

 

「てめぇ!! なにしやがる!! アイドル様がいいのかよ!?」

 

男の仲間と思しき奴らが叫ぶ

だが、男性は平然としたまま

 

「ああ、悪い。 足、長いんで」

 

と、答えた

 

「んだとぉ!!」

 

「やっちまえ!! 顔ねらえ! 顔!!」

 

「そのおキレイな顔、ぐちゃぐちゃにしてやんよ!!」

 

わっと、男たちがこちらに向かって襲いかかって来るその時だった

 

 

 

 

「おまわりさん!! こっちです!! こっち!!」

 

 

 

 

誰かが警察を呼んだのか…

そんな声が聴こえてきた

 

ぎょっとしたのは男たちだ

「ちっ」 と、舌打ちすると

 

 

「おぼえてろよ!! 次は容赦しねぇからなぁ!!」

 

 

それだけ言うと、仲間を連れて逃げていった

それを見て、男性がはっと息を吐き

 

「それは、こっちの台詞だっつーの」

 

と、ぼやいた時だった

 

「ちょっとぉ!! アンタ、急にワゴンから飛び出すから びっくりしたじゃない!!」

 

と、男か女か分からない、オネエ言葉の人が溜息を洩らしながらやってきた

その後ろから、男性と見劣らないレベルの綺麗な顔をした天使のような少年と、少しワイルド風の青年が歩いてくる

 

「楽!! 急に飛び出すからびっくりしたじゃないか!!」

 

ワイルド風の青年が男性にそう声を掛けながら駆け寄ってくる

 

「警察呼んだのか? 龍」

 

楽と呼ばれた男性がそう尋ねると、龍と呼ばれた青年が

 

「そんな、面倒なことしないよ! 姉鷺さんが、機転を利かせてくれただけだよ」

 

それを聞いた楽と呼ぼれた男性は「へぇ……」と、声を洩らし

 

「姉鷺、やるじゃねえか」

 

と、オネエ言葉の男性?に語りかけると、姉鷺と呼ばれた人は、ふふんと得意げに

 

「当然でしょ? “TRIGGER”を守れなくてマネージャーが務まるもんですか」

 

そう言うが、誰も聞いておらず…

もう1人の天使のような顔の少年が「大丈夫?」と、声を掛けてくれる

 

その言葉に、あやねが「は、はい……」

と、申し訳なさそうに答えた時だった

 

「ちょっと!! アンタ達まで出てきたら騒ぎに―――……」

 

姉鷺と呼ばれた人がそう叫んた時だった

 

「ねぇ!! あれ、やっぱり“TRIGGER”だよ!!」

 

「うそぉ!! 3人ともいる――!!」

 

「本物!!?」

 

 

と、周りがざわめき出した

「ほら、言わんこっちゃない!!」 と、姉鷺が叫ぶのと

龍と呼ばれて青年が 「あ、ドラマの撮影なんで気にしないでくださいー!」

 

と、叫びながら楽と呼ばれた男性の背中を押す

 

「お、おい! 龍!!」

 

「いいから! ほら、君も乗って!!」

 

「え…、あの、っ!!」

 

楽と呼ばれた男性と一緒にあやねまでワゴンに押し込まれる

全員が乗ったのを確かめると、姉鷺がアクセルを吹かせてその場から走り去ったのだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

****     *****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

――― ワゴン・車内

 

「ごめんねー、楽かどうしても君に逢いたかったみたいで……」

 

何故か、申し訳なさそうに龍と呼ばれた青年に謝罪された

 

「おい! 龍!!」

 

と、楽と呼ぼれている男性があやねの横で抗議している

あやねは、3人と運転席の姉鷺と呼ばれた人を見た

 

「あの、皆さまは……」

 

どなたですか? と、聞く前に運転席側から声が聞こえてきた

 

「アナタ、“TRIGGER”を知らないの?」

 

と、問われた

だが、あやねには不思議そうに首を傾げ

 

「トリ、ガー……ですか?」

 

と、答えた

正直に答えると、知らない名前だった

 

あやねが、返答に困ったように俯いてしまう

すると、見かねた龍と呼ばれた青年が

 

「じゃあ、自己紹介しないとね! 俺は、十 龍之介。 あっちが、俺達のセンターの九条 天。  で、君の隣のが―――……」

 

そこまで言いかけた、十 龍之介と名乗った青年の言葉を遮るように

 

「自己紹介ぐらい、自分でする!!」

 

と、あやねの隣に座っていた男性が叫んだ

そして、あやねの方を真っ直ぐ見て

 

「八乙女 楽だ」

 

そう答えた

 

「八乙女…さん?」

 

「楽でいい」

 

「え……、でも……」

 

いきなり、名前で呼べと言われても困る

すると、見かねた龍之介が

 

「呼んでやってよ、ね?」

 

そう頼まれると、助けた貰った手前断りづらい

あやねが少し、恥ずかしそうに俯いて

それから少し躊躇いがちに

 

 

「あ、その…楽、さん……?」

 

 

そう言うと、楽が嬉しそうに笑った

その笑顔があまりに嬉しそうで、名前を呼んだことが恥ずかしくなる

 

かぁ…と、あやねが頬を赤くさせた

顔が熱い

思わず俯いてしまう

 

すると、ふいに楽の手が伸びてきて、そっと、あやねの頬に触れて上を向かされる

 

「あ……」

 

ぴくっと、あやねが反応する

 

「な、お前、名前は?」

 

そう問われて、一瞬名乗るか悩む

が、ここまでしてもらっているのに名乗らないわけにはいかない

 

「……白閖 あやね、です」

 

観念してそう名乗ると、それに反応したのは楽でも龍之介でもなく、運転中の姉鷺と呼ばれていた人だった

 

「白閖って…アンタ、まさか あの白閖財閥の!!?」

 

「はい…すみません」

 

そう言われると、頷くしかない

 

「何、謝ってんだよ、あやね

 

「え……」

 

そう言った楽に、ぽんっと頭に手を乗せられるが

あやねは、そのこと以前に彼の言葉に顔を更に赤く染めた

 

あやね

 

彼はそう呼んだ

 

まさか、急に名を呼ばれるとは思わず

慣れてないせいもあり、恥ずかしさのあまり、俯いてしまった

 

「どうした?」

 

急に俯いたあやねに、楽が心配そうにそう尋ねてくる

だが、あやねは顔が上げられなかった

 

「あ、その、名前……」

 

そこまで言いかけたあやねの反応で気づいたのか、楽が

 

「悪い…つい、名前で呼んじまったけど…ダメか?」

 

「あ、その…駄目というか、慣れてないだけで……」

 

そう――――……

あやねの周りで、あやねを呼び捨てにするのは父である秋良ぐらいだ

皆、親しくても「あやねさん」とか「白閖さん」としか呼ぼれたことがない

初めて会う相手だと、大概「あやね様」や「白閖様」だ

学院でも「あやね」と呼ぶ人はいない

 

それを見た姉鷺と呼ばれていた人が

 

「なに? 名前呼ばれたぐらいでそんなに恥ずかしいの? 抱かれたい男No.1の楽に呼ぼれたのよ? もっと、喜びなさいよ」

 

と、言われるが何のことだがさっぱりだ

 

「抱かれたい……??」

 

意味が分からず、あやねが首を傾げると

楽が誤魔化すように

 

「そこは、忘れていい!! 姉鷺!! 余計な事言うなよな!!」

 

と、叫んた

叫ばれた姉鷺と呼ばれた人は、「はいはい」 と、気にした様子もなく

 

「ちなみに、アタシは姉鷺 カオルよ“TRIGGER”のマネージャーやってるの。 よろしくね」

 

と、答えた

 

 

 

 

      それか、あやねと“TRIGGER”との初めての出会いだった――――……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、探しに来たものは見つからず…

また変なのに絡まれる

 

お約束ですね~~~

 

どうやら、姉鷺氏はご存じかも……???

 

2019/02/24