2

 

 水月華    桔梗ノ抄    遙か5 

 

 

 

 

 

※登録をしていない場合デフォルト名

(葛錐 桃樺)になります

 

 

 

  夢主設定

 

 

雪華の願い ~月詠梅花~

 

一章話の都合上、夢主は殆ど出ません。ご了承下さい

※夢主はオリジナル夢主です。ゆきではありません

 

 

 

 序章 予兆 | あの日、失った大切な―――”華” もう、二度と還らない

 

01 02

 

 

 一章 残雪  | 忘れる事も出来ず、時間だけが通り過ぎていく中―――当代・白龍の神子が降り立つ

 

01 02 03 04 05 

 

 

 二章 契約の呪詛  | 

 

 

 

 

 三章 長州へ  | 

 

 

 

 

 四章 薩長同盟  | 

 

 

 

 

 五章   | 

 

 

 

 

 六章   | 

 

 

 

 

 七章 四境戦争  | 

 

 

 

 

 八章 残された刻  | 

 

 

 

 

◆ 九章 命の欠片  | 

 

 

 

 

 終章 「三千世界」  | 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪華の願い 挿話 ~百花の魁~
 
 

 夢の始まり | 気が付けば、雪の中ひとり―――……  ※序章前~序章 夢主視点

 

 01 

 

 雪の欠片 | 雪の降る夜、彼女からの初めての”お願い”   ※序章1話目の途中の話 

 

 

 

 夢の終わり | いつかは伝えようと―――思っていただけなのに   ※序章2話目直後の話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪華の願い 挿話 ~菊の葉~
 

 

夢主設定は【雪華の願い】の設定です

これは【雪華の願い】の小松側の話になりま

 

 

  一枝梅花 | 長州に降り立った、一輪の花   ※本編前の話です

 

 

  |